オフィスレイアウトを考えるポイント

バナー

オフィスレイアウトを考えるポイント

これから企業を始めようとする方、個人経営者でオフィス替えを検討している方が悩むのは、『オフィスレイアウト』をどのように行えばいいかという点ではないでしょうか。

業務をスムーズに行うためには、効率の良いオフィスを確立する事が必須です。



その為には、『ゾーニング』と『動線』を意識する事が大切になります。

『ゾーニング』とは業務ごとのスペースの間取りを確保する事です。

その場所でどんな業務をするのかを明確にしておく事が大事です。その業務をこなすにあたり、スペースはどれぐらい必要かなどを意識する事で、効率の良い業務スペースが確保しやすくなります。

また、セキュリティ面も考え、来客スペースと社内スペースは分けておきましょう。来客にその気がなくても、うっかり社内機密を見てしまった、などという事がないようにしてください。

スペースごとに用途や利用者を意識する事が、ゾーニングのポイントになります。

All Aboutの最新情報を紹介しています。

次に動線についてですが、動線とはオフィス内で動くための通路の事です。

余計な動線は、業務に支障を来たす事も考えられます。


主に使う動線は確立しておき、オフィス内の通路は出来る限りシンプルにしておくようにしましょう。また避難経路は勿論、行き止まりからの回避は可能か、という点も考えておくと、非常事態の時などに役立ちます。
業務を迅速に効率良く行うためには、どんな人が使うのか、その業務に必要なスペースはどのくらいかという点が大切です。

現在はオフィスレイアウトに役立つ、それぞれの作業スペースに合わせた『寸法集』などもあるため、利用して快適なオフィスレイアウトを実現させてください。



Copyright (C) 2016 オフィスレイアウトを考えるポイント All Rights Reserved.